ウレタン遮熱工法なら一般社団法人日本住環境向上推進協議会 | 「ウレタン遮熱工法」誕生秘話

時代は「節電」から「省エネ」へ

時代は「節電」から「省エネ」へ

「節電」と「省エネ」。特に近年は「節電」が強く求められています。
「節電」とは家庭用電力で最も電力を必要とするのがエアコンなどの空調機器の設定温度を高めに設定したり、夜間タイマーをセットしたりなどして消費電力を抑えることです。

ですが、近年の報道でも話題になった熱中症の問題もあり「節電」にも限界があります。
これらの問題を根本的に解決するためには「節電」ではなく「省エネ」

つまり快適性を我慢して電力消費量を抑える「節電」ではなく、少ないエネルギーで快適な住環境で生活することのできる住宅の建設が不可欠であると私たちは考えます。
その為に特に必要なのが夏の暑さ対策です。

「一般的に断熱材と呼ばれているもの」の実態

一般的に断熱材と呼ばれているものとは?

「従来住宅建設で夏の暑さ対策として使用されていたのが「一般的に断熱材と呼ばれているもの」です。

しかし、家全体に「一般的に断熱材と呼ばれているもの」を施工することにより、夏の日中の暑さを蓄熱してしまい、気温が下がった夜間、室内に「熱放射」をし、夜間は屋外より室内温度が高くなるという問題が起こります。

これが夜間熱中症の原因のひとつです。


つまり「一般的に断熱材と呼ばれているもの」では冬の寒さ対策には比較的効果があるものの、夏の暑さ対策はできないということです。
なぜなら、「一般的に断熱材と呼ばれているもの」は「熱を断つ材料」、「断熱材」ではなく「保温材」「蓄熱材」だからです。

「ウレタン遮熱工法」の誕生

ウレタン遮熱工法

そこで夏の暑さ対策で私たちが着目したのが「サンシェード」です。夏場に駐車する際にフロントガラスに取り付けるジャバラになったアルミシートです。
このサンシェードを取り付けるのと取り付けないのとでは日中駐車場等に停めた車のの車内温度の上昇度合いが劇的に違うのをご経験になられた方も多いと思います。
その原理を住宅建設、夏の暑さ対策に応用したのが「ウレタン遮熱工法」です。
サンシェードや一般的なアルミシートではアルミ蒸着したものが多く用いられています。アルミ蒸着とはシートなどにアルミを塗装したりしたものです。

ですのでアルミ蒸着シートでは夏の暑さの原因である熱線(赤外線)の反射率が30~50%程度ですので夏の暑さ対策としては不十分だと考えます。
そこで「ウレタン遮熱工法」は、宇宙開発技術を応用した「アルミ熱線反射材」を独自に開発し夏の暑さの原因である熱線(赤外線)を97%以上反射し屋内環境(建物内)に影響を及ぼしにくくすることが可能となりました。

さらに、反射するのは熱線(赤外線)だけではなく、物の劣化の原因である紫外線なども同様に反射するので物の劣化も防ぐことができます。
また、夏の暑さ対策だけではなく冬の寒さ対策の為建物内部には断熱性能が高いウレタンを現場発泡し、断熱性能を高めると共に気密性も高め、「高気密」「高断熱」を実現しました。

快適な住環境の為に必要な「結露対策」

結露対策

快適な住環境の為に必要な要素としてもうひとつ解決しなければいけない問題が「結露対策」です。

今までの「一般的に断熱材と呼ばれているもの」では「結露しにくい」ものはあるものの結露の可能性を否定しきれないものばかりでした。しかし「ウレタン遮熱工法」では結露対策も万全で結露の可能性も完全に否定することができます。

「ウレタン遮熱工法」は各場面で評価されています

「ウレタン遮熱工法」は平成20年に「特許」も取得し、更に立命館大学理工学部建築歳デザイン学科の近本智行教授(工学博士)と共同研究も進め、昨年、一昨年前の建築学会で発表しその効果が高く評価されました。

夏の暑さ対策、冬の寒さ対策、結露対策の問題を解決しつつ、少ないエネルギーで快適な住環境にすることが評価され、京都議定書などで有名な環境問題に関心の高い京都府から環境に配慮した断熱工法として平成20年に「環境トップランナー」表彰を頂いております。


立命館大学理工学部建築歳デザイン学科の近本智行教授(工学博士)と共同研究現場

メールでお問合せ

住宅関連の方/資料請求する 家づくりをお考えの方/資料請求する